×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語版

生命問題に関するカトリックの教え

カトリック司祭 アントニー・ジンマーマン著

カトリック司祭 成相明人訳

目次
  著者紹介
  序言
  導入・教導職への忠実
第一章 人工避妊
第二章 人工妊娠中絶
第三章 どの時点で人間の生命が始まるのか
第四章 人口過剰の神話
第五章 離婚・再婚・聖体拝領
第六章 自然にかなった家族計画・体験者の証言
  補遺
その1 ペシュケ神父による倫理学教科書の選択的批判
その2 ウィリアム・スミス師・離婚した「再婚者」の聖体拝領
その3 ジーノ・コンテェッティ神父・「試験管受精」
その4 シスター吉永ユリ・ビリングス排卵法
その5 電子機器による家族計画
  引用文献
  『フマネ・ヴィテ』研究会のお知らせ

著者紹介

アントニー・ジンマーマン神父は,1917年10月30日米国アイオワ州ウェストファリアで10人兄弟の4番目の子どもとして生まれました。1946年8月15日神言会司祭として叙階。アメリカ・カトリック大学で1953年神学修士号,1956年神学博士号を取得。名古屋の南山大学で英語の講師,米国イリノイ州テクニーのセント・メリース・カレッジで倫理神学講師,南山大学で倫理神学講師になり,後に教授を勤めています。

ジンマーマン神父は1960年から72年まで日本カトリック人口研究所の所長でした。1966年から69年まで名古屋にある神言会大神学院の院長、1972年から75年まで日本神言会の管区長を経て,1975年から87年まで日本家庭生活連盟の専務理事の任にありました。

その数多い著作から主なものを挙げると「人口過剰についてのカトリックの見方」,「自然な家族計画・自然の道・・・神の道」,「原罪・・・教義が科学と出会う場」,「アダムとエバの宗教」などがあります。その他,種々の雑誌等に少なくとも100編の論文が掲載されています。

米国カトリック学士会,家庭生活推進国際連盟,人口の科学的研究のための国際協会,日本人口学協会の一員でもあります。