×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関連ファイル  

中絶クリニック従業員に警告!

カトリック司祭 フランク・パヴォーネ

中絶反対運動の新しい闘争テクニックは、中絶クリニック従業員を対象とするものである。彼らは自分たちが関わっている、もしくは当局に通報しなかった非合法行為について責任を問われることもあり得るのだ。中絶クリニック内での違法行為、もしくはそのような行為があることを示す兆候について従業員が承知しているのであれば、彼らは自分たちを守ることが可能ではある。また、プロ・ライファーにとっては、彼らがクリニックで働くのを止めさせたり、最終的にはクリニック自体を閉鎖に追い込んだりすることが容易になる。

ここで、問題にしている違法行為とは脱税、医療詐欺、保険金詐欺、マネー・ロンダリング、従業員に対するセクハラ、患者に対する暴力行為、未成年者の強姦、クリニック内での衛生・安全対策の不備、消費者詐欺、その他である。

以上の違法行為は中絶クリニック内で起こる日常茶飯事である。この種のクリニックは国内諸施設の中でもっとも規制がゆるいからである。そもそも、悪徳を正直に実行することはできないことは当然である。良心が麻痺して罪もない赤ちゃんを平気で殺していれば、その他の法律違反にも自ら目を閉じてしまうのは当然。

受付、助手、「カウンセラー」たちも確信犯であると思う人がいるかも知れない。しかし、そうでない場合も多々ある。彼らの中には中絶に反対の立場を説く人たちさえも存在するし、そうでなくても、中絶の不道徳性について余り考えていない人たちもいる。そういう人たちであれば、特に、自分たちが非合法行為の共犯者であるかも知れないと気づけば、中絶クリニックなどで働かないよう説得することも可能である。

中絶クリニック従業員に自分たちが巻き添えになっているかも知れない種々の違法行為について啓蒙すれば、われわれプロ・ライファーは彼らを退職させた上で、中絶クリニックを訴えることもできるようになるというものだ。

友人のマーク・クラッチャー氏とライフ・ダイナミックス・グループが作成したサイトを紹介しよう。www.clinicworker.comにはもっと詳しい情報がある。たとえば、違法行為を察知する方法としては次のような質問をすることが進められる。「あなたの雇い主は二重帳簿を付けていませんか?」「帳簿に記入する時にはペンでなく、鉛筆を使っていませんか?」「現金での支払いの際に領収書を渡しますか?」

以上の違法行為の多くについて、知り得た人は当局に通知する道徳的、時としては法的義務がある。該当者達を逮捕・起訴に持ち込んだ場合、このような情報を最初に当局にもたらした従業員は起訴を免れるだけでなく、報奨金を受け取ることさえある。

www.clinicworker.comもしくは電話(940) 380 - 8800に申し込めば、新しく作成されたポスターとか名刺が入手できるので、プロ・ライファーはそれらを活用して、中絶クリニック従業員に手渡して欲しい。ポスターは中絶クリニック前でのデモで、使用して欲しい。特に、効果的な使用法は、中絶手術が実施されない日を選ぶこと。その理由は従業員たちがこのボスターのことを話題にする可能性がもっと大きいからである。

-----------------------------------------------------------------------

Attention, Clinic Workers!

-- Fr. Frank Pavone

A new chapter in the abortion war is opening up, and it focuses on the people who
staff abortion facilities, and how they can be in legal trouble for participating in, or
not exposing, illegal activities. Being aware of how much illegal activity occurs in
abortion clinics, and what the red flags are which indicate it may be happening,
can enable employees to protect themselves, and can enable pro-life people to help
those employees leave the clinics, eventually shutting them down.

What kind of illegal activities are we speaking about?

The list includes income tax evasion, Medicaid fraud, insurance fraud, money
laundering, sexual harassment of employees, sexual assault of patients, physical
assault of patients, statutory rape, health and safety issues within the clinic, and
consumer fraud, among others.

These activities are rampant in abortion clinics, because these clinics are the most
unregulated surgical facilities in the nation. After all, you can't practice vice
virtuously, and when your conscience is so diluted that you can kill innocent
babies, these other violations are small potatoes in comparison.

Now many people may think that the staff workers in these facilities -- such as the
receptionists, the assistants, the "counselors," -- are hard-core, fully-committed
pro-abortion persons. But that is not the case. Many of them are against abortion,
or don't even think about the moral aspects of it. And it does not take much to
convince many of them to leave, especially if they realize they might be unwitting
accomplices in illegal activity.

By letting these clinic workers know the kinds of illegal activities in which they
may be implicated, we in the pro-life community can bring many of them out of
the industry, and bring legal action against the clinics.

My friend Mark Crutcher and his team at Life Dynamics, Inc. have established a
website, www.clinicworker.com, which gives more details about how to detect
this illegal activity. Regarding signs of possible income tax evasion, for example,
one should ask questions like, Does your employer or director use multiple
accounting ledgers?; Are financial records ever written in pencil?; and  Does the
clinic ever fail to give receipts for cash payments?

In many of the areas mentioned above, one has a moral and even legal obligation
to report actual or possible abuses. Moreover, if an employee knows of such
situations, others do as well. The first person to bring forward such information is
often protected if authorities can be led to apprehend those responsible, and
rewards sometimes accompany the revelation of these crimes.

Pro-life people have an opportunity to alert clinic workers to this situation by
means of a new poster and business cards available through the website,
www.clinicworker.com, or by calling (940) 380 - 8800. The poster should be used
at demonstrations at abortion sites, and it is particularly important to go there on
days when abortions are not being performed, because staff persons present on
those days are more likely to both notice and talk about these matters.

Let's use this new and powerful approach today!