×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本語テキスト

Declaration in Support

of the

Holy See at the United Nations

Today, in many international arenas, the values and virtues upon which the greatest achievements of civilization were built are under attack. Certain organizations, in the name of a false “liberation,” seek to undermine central truths regarding the nature of the human person and of the family. In the name of a false doctrine of human rights, they deny what makes men truly human and violate true human rights. 

These groups have made the Holy See at the United Nations a particular target. They attack the Holy See’s credentials, ignoring the fact that the Holy See has engaged in diplomatic relations since the 4th Century and currently exchanges diplomats with 177 nations. The true ground of their animus, however, is the Holy See’s steadfast defense of the sanctity of human life and the inviolable dignity of the family.

In some ways, the Holy See is, indeed, unique: but this very uniqueness accounts for its decision to join the United Nations as a Permanent Observer. The Holy See’s special status enables it to encourage genuine dialogue, promote peaceful resolution of conflicts, and appeal beyond the mere territorial interests of states to the consciences of their leaders. Its disinterested, non-partisan service has always been appreciated by the Member States at the United Nations.

If those organizations who find the Holy See an obstacle to their goals of re-engineering humanity and revising basic moral understandings succeed in depriving the Holy See of its Permanent Observer status, they will have seriously damaged the United Nations. The United Nations operates by consensus, and these organizations seek to circumvent that process by stilling a voice they oppose. 

We deplore their aims. While many of us do not share or endorse the claims of the Catholic Church, we are united in supporting the Holy See’s continued role as Permanent Observer at the United Nations. 

We join with the Member States in gratitude for the spiritual and moral witness of the Holy See at the United Nations. The world would be far poorer if the voice of the Holy See within the United Nations were ever silenced. May that day never come.

·  The term “Holy See” is the official designation for the Catholic Church at the United Nations.

?危機にさらされる?

国連における聖座の存在

種々の国際機関において人類文明最高の価値観、諸徳の土台である聖座を閉め出そうとする動きが最近あるのをご承知でしょうか? 偽りの「解放」の名の下に、いくつかの団体が人格と家庭の性格に関する重要な諸真理を覆そうと試みています。人権の名を借りて、彼らは人間を真に人間たらしめる事柄を否定し、人間の真の権利を冒そうとしています。

これらの団体は聖座を国連から追放することを企み、聖座が四世紀以来諸国と外交関係を結び、現在も百七十七ヶ国と外交関係を樹立していく事実を無視して、聖座の信任状に攻撃を加えようとしています。しかし、真実はと言えば、生命の大切さと家庭の不可侵的尊厳を聖座が常に擁護するのを彼らが快く思っていないということです。

ある意味で、聖座は特異な存在ですが、国連におけるその特異さは、聖座が永久オブザーバーとして参加したその決定にあります。自国の利益を優先しない、公平な聖座の存在は国連参加諸国にとって常に貴重でした。

人類を自分たちの思うがままに操作し、道徳に関する基本的一致を変更するという目的達成のために聖座を邪魔者扱いするこれらの団体が、聖座から永久オブザーバーの地位を剥奪することに成功すれば、国連は貴重な財産を失うことになります。国連は参加諸国の合意に基づいて行動するので、彼らは自分たちに反対する声を沈黙させることによってこの過程を迂回しようとしています。

彼らの狙いは邪悪です。カトリック教会と主張を同じくしなかったり、反対する人たちがわたしたちの中にいたとしても、わたしたちは聖座が国連永久オブザーバーであり続けることを希望します。

わたしたちは加盟諸国と共に国連における聖座の霊的、道徳的証に感謝します。国連において聖座の声が沈黙することになれば、この世界はそれだけ貧しくなるでしょう。決してそのようなことを許してはなりません。

註・「聖座」は、国連におけるバチカンの正式名称である。

なお、皆さんもこの動きに反対することができます。国連にNGOとして登録されていなくても、反対署名運動に参加できます。例えば信徒会のような団体でも構いませんが、団体名、代表者名、電子メール・アドレスが必要です。詳しくは『フマネ・ヴィテ』研究会 nariai123@icloud.com に連絡してください。