×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

English

カザンのイコン—スファニアのイコン—ロシアの回心

リック・サルバト

  Image12.jpg (107557 bytes)Image11.gif (16118 bytes)
ファチマに行って、カザンのイコンが現在どこにあるかを学びました。 — 1999年4月のニュース・レター参照 — かなり以前のことですが、ダマスコにあるスファニアのイコンが、実は、カザンのイコンが西方教会で複製されたものであることを知って以来、本物が一体どこにあるのだろうと不思議に思い続けていました。[The Miracle of Damascus] ロシア教会にとって、カザンのイコンは最も貴重な宝物であるとされます。共産主義革命によって多くの聖なるイコン等が破壊されましたが、それは破壊を免れるために、国外に持ち出されていました。何と、それは長年の間、ファチマにあり続けていたのでした。現在、それは教皇様の手許にあることを知りました。ロシア正教会との一致をもたらすために、教皇様はこのイコンを利用することを考えておられます。

教皇様はこのイコンを伴って、数多くある別れた姉妹教会と出会うためにダマスコに行かれ、その後ロシアに行かれます。ダマスコの教皇使節カウセロ大司教によれば、教皇様がミルナに会う予定はないそうです。使節自身は何度か彼女に会って、良い印象しか受けておらず、彼女が単純で、感じが良く、バランスの取れた人物である、と言っておられます。彼女が名声を求めない人物であることも承知しておられます。それだけでなく、ミルナに与えられた使命をよく知り、その正統性を確信している何人もの司祭達とも親しくつきあっていることにも言及なさいました。カザンのイコンとの関係についても興味を持たれ、ミルナを評価している司祭達と再度話すことを希望しておられます。

聖金曜日に、大司教はミルナが10年ぶりに受けた聖痕を見るために彼女の家を訪問するかも知れません。彼女が前回聖痕を受けて以来初めて、今年、東西両教会が同じ日に復活を祝うことから、わたしたちが予想したように、ミルナは4時間にわたってキリストの五つの御傷を全部体験しました。教皇様は来月ダマスコを訪問なさいます。各国からのテレビ局が撮影に来ていました。ネット上でもその映像が流れることになるでしょう。大司教によると、教会一致の目的にとって、ダマスコは重要です。なぜなら、ここで東西両教会からの歩み寄りが見られるからです。

長年にわたってファチマに保存されていたカザンのイコンが、ファチマの聖母のためにも、ロシア正教会とカトリック教会の一致をもたらすよすがになるように祈ります。ここ数ヶ月はカザンの聖母から目が離せません。

偽出現が多くあるために、ミルナの苦しみとスフラニエの聖母が伝えようとなさるメッセージが西欧教会でほとんど知られていないのは残念です。こういうことが知れ渡っていれば、教皇様が願われる教会一致もすでに実現していたかも知れません。でも、ミルナは聖痕の苦しみを忍ばなければなりませんでした。聖母はミルナに「地上における天の国は教会です。それを分裂させた人たちは罪を犯しました。分裂を喜んでいる人たちも罪を犯しています」とおっしゃいました。

以上をメジュゴリエと比較してみましょう。メジュゴリエの視幻者達によれば、すべての宗教は、回教も含めて、神の宗教だそうです。スフラニエの聖母の聖母がおっしゃったことを世に知らせることができなかったのは悲しいことです。でも、教皇様はカザンのイコンを利用して、わたしたちにできなかったことがおできになるかも知れません。

スフラニエの聖母だけでなく、トレ・フォンタネ、ニカラグアの聖母、秋田の聖母、そしてファチマの聖母にしても、偽出現によって軽んじられるようになりました。

カザンの聖母 — その歴史

1579年、9歳の少女マトローナの家は、その年、カザンであった大火事のために焼失してしまいました。彼女は夢で、聖母マリアのイコンを見、焼け跡から聖なるイコンを掘り出すように、という声を聞いたのです。イコンはぼろ布に包まれて、ストーウ゛の下にありました。おそらく、タタール人治下のキリスト信者達が自分たちの信仰を隠すことを余儀なくされて、地下に埋めてあったのでしょう。聖なるイコンは一番近くの聖ニコラス教会に運ばれ、その後、お告げの司教座聖堂に移されました。そして、盲人を癒すという奇跡があり、それは一挙有名になりました。レプリカが一つ製作され、それは当時の皇帝であったイヴァン雷帝に献上されることになりました。その到着を記念して、7月21日が祝日に制定されました。

Image13.jpg (48967 bytes)

1679年、カザンにはこのイコンに捧げられた教会が建立されました。でも、ポーランド軍に対する勝利以来、イコンはモスクワに安置されることになり、新しく建てられたカザン司教座聖堂にはそのレプリカが置かれることになりました。1821年、カザンの聖母のイコンはサンクト・ペトロブルグに移され、今度は同市の中心部にあったネフスキーの高台にできたばかりのカザン司教座聖堂に安置されることになりました。このころまで、このイコンは非常に有名になり、9つのレプリカが国中で奇跡を起こすことになります。

ロシアの解放者・守護者として知られるようになったこのイコンは、ナポレオンの侵入を含んで、ロシアの自由が危機に瀕するたびに、頼りにされたものです。実際、ナポレオンの敗退はカザンの聖母のなさったことであるとロシア人は信じていたものです。

19世紀中頃までに、このイコンは多くのダイアモンド、大きなエメラルド、金メッキなどで覆い尽くされてしまいました。1917年、共産主義者たちがロシアを乗っ取った際、彼らが真っ先に狙ったのはロシア人の「魂」を表現するとも言われるカザンの聖母のイコンでした。現在レニングラードになっているペトログラードにあるカザンの聖母司教座聖堂は無神論博物館・世界征服を目指す戦闘的無神論の公的センターにされてしまいました。その本来のデザインはローマにある聖ペトロ大聖堂に似せることが意図されていました。このイコンはファチマに来るまで、ここにあったのです。

Image14.jpg (12035 bytes)

1918年、そのイコンは新しくできたソヴィエト政府によって押収され、モスクワに持って行かれました。でも、どうしたわけか、それは途中で行方不明になり、第一次世界大戦後、ポーランドで発見され、「貴重品の競売」にかけられることになったのです。買ったのは英国のある富豪でした。その死後、子孫達は固定資産相続税を払うためにそれを手放すことになりました。西欧社会にいたロシア正教徒たちは「イコンを買い戻すために」募金活動を始めたのですが、二度にわたって泥棒が寄付金を盗んでしまい、イコンが再び競売にかかる寸前、ニュージャージー・ワシントンに本拠があるブロー・アーミーがロシアの人々のために、それを買い取ることになりました。 

長年にわたってファチマに保存されていたカザンのイコンが、ファチマの聖母のためにも、ロシア正教会とカトリック教会の一致をもたらすよすがになるように祈ります。ここ数ヶ月はカザンの聖母から目が離せません。

THE ICON OF KAZAN

THE ICON OF SOUFANIAH

THE CONVERSION OF RUSSIA

Rick Salbato

  Image12.jpg (107557 bytes)Image11.gif (16118 bytes)
When in Fatima one thing I learned is the present location of the Icon of Kazan - See April Newsletter of 1999. My interest in this Icon goes back many years when I found out that the Icon of Soufanieh in Damascus is a western copy of the Icon of Kazan. [The Miracle of Damascus ] The Icon of Kazan is the most sacred of all relics in the Russian World and was smuggled out of Russia before the communists could destroy it along with so much else that they destroyed. It remained in Fatima for many years. I now know that the Holy Father has it and plans to use it to bring about Unity with the Russian Patriarch.

The Holy Father will travel to Damascus to work with the many separated Churches there and then travel to Russia with the Icon. The Nuncio of Damascus, Syria, Archbishop Causero, stated that there was no initiative for the Holy Father to meet with Mirna. Archbishop Causero however indicated that he has met Mirna on several occasions, and has nothing but praise for her Apostolate. He said she came across as a simple, pleasant, balanced person who appeared to have no desire to want personal fame.

In addition, the archbishop said he is friendly with several good priests who are convinced of the genuineness of Mirna's ministry. He was interested to know about the connection with Kazan, and says he will be having further discussion with the priests who are favorable to Mirna.

During Good Friday the archbishop may have taken the opportunity to visit Mirna's home to witness the stigmata, which took place this year for the first time in ten years.  Mirna experienced all five of the wounds of Christ for almost four hours as we predicted since this is the first time the Western and Eastern Churches will have the same Easter date since her last stigmata.This happened just before the Pope's visit to Damascus next month. There were TV camera men from many countries and details will be put up on the web site soon.

The archbishop said that Damascus was an important place for the goal of Church unity since there are quite a number of Catholic-Orthodox initiatives in the city.

It is sad that the sufferings of Mirna and the message of Our Lady of Soufanieh is almost unknown in the western world because of being drowned out by false apparitions. If it had become known, the Holy Father's dream of unity may already have taken place and Mirna would not have suffered the stigmata as she did a few days ago.  As Our Lady of Soufanieh said to Mirna,

"The Kingdom of Heaven on Earth is the Church. Those who divided it have sinned. Those who are happy with these divisions have also sinned."

Compare that with Medjugorje, which states that all religions are God's religions, even Moslems. How sad that we were unable to make Our Lady of Soufanieh's message known, but perhaps the Holy Father, using the Icon of Kazan, will bring about what we could not.

It is not only Our Lady of Soufanieh that has been harmed by false apparitions. Tre Fontane, Our Lady of Nicaragua, Our Lady of Akita, and even Fatima have been harmed.


Note: Vladimir Zhirinovski, vice president of the Russian parliament and leader of the far-right Democratic Liberal Party, met in February with the Metropolitan Archbishop of Smolensk and Kaliningrad, Kiril Gundjaev, president of the patriarchate's Department for External Relations, and discussed the Pope's visit to Ukraine and the current Orthodox schism in that country. Zhirinovski proposed the organization of "propaganda trains" which would cross Ukraine to persuade the Orthodox population to remain under the authority of the Moscow Patriarchate, instead of obeying the Orthodox Church that has proclaimed itself autocephalous.

History of the Icon of Kazan

In 1579, a nine-year-old girl by the name of Matrona, whose parents' house burned down during the 1579 fire in Kazan, saw in a dream the image of the Blessed Virgin Mary and heard a voice commanding her to retrieve a holy Icon hidden in the ashes of the burned house. The holy Icon was discovered wrapped in an old cloth under the stove, where it was buried, most likely during the rule of the Tartars when Christians were forced to conceal their faith. The holy Icon was triumphantly transported to the nearest church, the Church of St. Nicholas, and later to the Cathedral of the Annunciation, where it received renown for curing the blind. A copy was made of the Icon and sent to the tsar, Ivan the Terrible. In honor of its arrival, a special feast day was established on the 21st of July.

Image13.jpg (48967 bytes)

A special church dedicated to the Icon was built in Kazan in 1679, but the Icon had been kept in Moscow since the victory over the Poles and a copy was installed in the new cathedral of Kazan. In 1821 the original Icon of Our Lady of Kazan moved again, this time to St. Petersburg where it was installed in the new Kazan Cathedral on Nevskii prospect in the heart of the city. By this time the Icon had become extremely popular and there were nine separate miracle working copies of the Icon around the country.

Known as "the Liberatrix & Protectress of Holy Mother Russia", it was used in all the crisis of Russian Liberty up to and including the invasion of Napoleon -- whose defeat was directly attributed by the Russian people to Our Lady of Kazan.

By the middle of the 19th century the original ikon was encrusted in diamonds, massive emeralds and a gold cover. When the Communists took over Russia in 1917, they almost immediately focused their attention on the Icon of Kazan as an expression of the " soul" of the Russian people. The great Cathedral of Our Lady of Kazan in Petrograd (now Leningrad) was made into an atheist museum and the official center of militant atheism in the world. Its original design was to look like Saint Peter's Cathedrial in Rome. This was the last home of the Icon of Kazan before it went to Fatima.

Image14.jpg (12035 bytes)

In 1918 the Icon was seized by the new Soviet Government and transported to Moscow. It vanished enroute and it turned up in an "auction of precious objects" in Poland after the First World War, and a rich Englishman in England bought it. After his death it had to be sold to pay for the estate taxes. Orthodox Christians of the western world began to raise money to "redeem the Icon"-- but twice thieves absconded with the funds and the Icon was about to be put up for general auction when the Blue Army of Our Lady in Washington, New Jersey stepped in and made the commitment to redeem it for the people of Russia.

Now, we pray, is the time for Our Lady of Fatima to bring about the unity of the Russian Orthodox and Catholic Churches using the Icon of Kazan preserved in Fatima all these many years. The next few months will be interesting.