×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中国愛国教会の違法司教叙階の顛末

CWNEWS提供

2000年1月11日

北京(Fedes/CWNews.com)ヴァチカンに挑戦して中国政府が念入りに準備した愛国教会の司教叙階式は、FIDESニュース社北京支局の報告によれば、失敗であった。

中国政府は、一月六日ヴァチカンで教皇ヨハネ・パウロ二世が十二人の司祭を司教の位に挙げるのに対抗して、十二人の愛国教会司祭の司教叙階を計画していた。叙階式は北京市ナンタンにある無原罪の御宿り教会で午前七時に挙行されたが、叙階に同意した愛国教会司祭はわずか五人に留まった。ローマに忠実を誓う「地下教会」のカトリック信者と政府公認の愛国教会指導者たちの溝は一段と深まったかに見える。

北京にある国立神学校に在籍する百三十名の神学生は、一人の例外もなく、この司教叙階式への出席を拒否した。リハーサルには強制的に出席させられたものの、彼らはその直後式をボイコットするよう投票で決定した。彼らの声明によると「このいわゆる叙階式は信仰の原則に反し、カトリック教会に敵対する」。

この声明を愛国教会指導層に手渡した後、神学生たちは政府による「抑圧いや迫害」さえも覚悟していると記者にもらした。西側世界への彼らのアピールは「わたしたちのために、そしてわたしたちと共に普遍教会のために祈っていただきたい」というもの。

北京での取材によれば、通常の主日ミサには少なくとも四百人が参加するナンタン司教座聖堂ではあるが、この叙階式に参加したのは二百人以下であった。他の機会、例えば司祭叙階であれば参加する信徒の数は何千にもなるという。Fides社の取材によれば儀式の雰囲気は暗いもので、叙階式というより葬式のようであった。

儀式がもたらした緊張は相当なもので、参加者の行動もぎごちなく、取材源によれば「人ごとのように、受動的な」参加であった。祝聖の直前、一人の聖職者は躓いてカリスのぶどう酒をそこら辺にこぼしてしまった、という。

愛国教会の七人の司教たちが新しい司教たちに品級の秘跡を授けた。彼らはナンジンのリウ・イリュー・ユアンレン、北京のフー・ティーシャン、ハンヤンのツー・シーフア、シージアツアンのジエン・タオラン、ハイメンのユー・チエンツァイ、シュオジエンのルオ・ジュアン、タンシャンのジンゲー司教たちであった。彼らのうち一人として聖座と交わりのある者はいない。儀式に参加するよう強く要請されていた他の司教たちは出席しなかった。

報告によれば、新司教たちはいずれも司教叙階を受けるよう強制されていた。しかし、指名されていた他の七人は反抗したものと見られる。一人の若い新司教は「圧力は強く、自分は弱かった」と漏らした。

ローマと一致している中国本土の司教たちは、だれ一人としてこの叙階式に関するコメントを発表していない。しかし、香港のヨセフ・ゼン・ネキウン司教によれば、これはカトリック教会と中国人司教たちを、共産党のさらに厳しいコントロールの下に置くことを呼びかける、新しい秘密文書の中で中国政府が示している計画に沿うものであるという。政府によるこれらの計画は、Fidesが一九九九年十一月に公表した秘密文書の中に含まれていた。

要するに' target="_top"> 日本語での要約

NEW CHINESE BISHOP EXPLICITLY ORDAINED IN COMMUNION WITH VATICAN

ROME (CWNews.com/Fides) - A Chinese bishop was ordained for the Communist country's state-controlled Chinese Catholic Patriotic Association on Sunday with the approval of Pope John Paul II, a significant step forward in relations between the Vatican and China.

Bishop Zhao Fengchang, 66, was ordained bishop of Yanggu and apostolic administrator of Linqing (Shandong) by Bishop Giuseppe Ma Xuesheng of Zhoucun, assisted by Bishop Fang Xingyao of Linyi and Bishop Wang Dianduo of Heze, in the presence of about 1,500 Catholics.

Before the Ordination Mass began, the Holy See's approval was publicly announced, which was not the first time the Vatican has given its stamp of approval for the ordination of an Association bishop. But it was the first time that the ordaining bishops were all in legitimate communion with the Holy See, at the Vatican's specific request.

The Communist Chinese government requires Christians to worship only in state-controlled associations, including the Chinese Catholic Patriotic Association, which has eschewed any connection to the Vatican or the Pope. Many Catholics worship in illegal, underground churches, following only bishops appointed by the Pope. The two groups make up parallel hierarchies, although there is considerable overlap with priests, laymen, and even some bishops serving both groups.

Sunday's ordination was a marked departure from a January ordination for five bishops in which barely 200 people were present, there was no Vatican approval for the 5 candidates, and only one of the ordaining bishops was legitimately ordained himself.

The procedure adopted for the May 7 ordination was seen as a confirmation on the part of the Holy See and the Chinese Church of the need for explicit communion with Rome, to foster greater unity among all Chinese Catholic.

The new conditions for this ordination indicated a step away from the Patriotic Association (PA) whose ideal is the control of the Church and its submission to the Communist Party. In the months following the January ordination the PA was strongly criticized by the bishops and by the faithful for departing from Rome.

The government was also displeased with the PA: the January 6 ordinations created a wave of discontent among Catholics and criticism of the lack of religious freedom from the international community. Official Church sources in Beijing said this is why " a number of 'patriotic' ordinations, scheduled for the coming weeks, previously announced, have been cancelled." Sources in Shanghai said the government's " laissez faire" attitude is due to " social and economic tension in China: Beijing wants to avoid disputes with the Catholic Church and the international community."

Another element established by the recent ordination in Shandong is that the Vatican confirms the existing territorial arrangement of China's dioceses. The new bishop was, in fact, ordained " Bishop of Yanggu and apostolic administrator of Linqing" although the Religious Affairs Bureau had put the territory under the new diocese of Liaocheng.

A reorganizing of the dioceses was partly motivated by the need to make dioceses coincide with government provinces. The PA, under the pretext of making the Church more efficient, put several dioceses together and created new ones.

×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。