×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

皆さん、日本の司教様方一人一人が以下のような手紙を受け取り、次の日から今までになく強力に回勅『フマネ・ヴィテ』の教えを説くよう配下の司祭たちにお命じになれば、日本の教会はもっと生き生きしてくるでしょう。それで、ちょっとした仕掛けを工夫してみました。仕掛けの字をクリックしてみてください。

召命不足に悩むミルウォーキー大司教区長に宛てた

一信徒の公開状


カトリック・ヘラルド編集長に寄せられた
クリスティーヌ・ヴァンダーブレーメン夫人の手紙

1999年1月20日

親愛なるウィークランド大司教様

主の平安

近年、司祭職と修道生活への召命減少してきたことに多くの人たちが気づき、その対策がいろいろ検討されているようです。当大司教区では種々のメディアを通じて募集の宣伝を始めています。表面的にこういう努力はまことに結構なこととは思いますが、召命減少のミルウォーキーの教会と信者に問題があるからとだれも大きな声で言おうとしません。

わたしが言いたいことを皆さんお分かりでしょうか? わたしが声を大にして言いたいのは、実はこの問題にはわたし自身にも大いに責任があるからです。長年にわたってわたしは産児制限を実行してきました。説教壇からはどの神父様もそれが悪であると教えてくれませんでしたし、信者の間にはこの問題に関して賛否両論がありました。それでわたしもほとんどのカトリック信者と同様、子供は生まないように努めてきました。わたしたち信者の考え方の方がカトリック教会の教えよりも正しいと思ってきたせいで、いったい何人の司祭たちや修道者たちが避妊されてしまったことでしょう? わたしたちが中絶は殺人であると大声で、勇気を出して言わなかったために、いったい何人の司祭たちや修道者たちが無惨にも中絶されてしまったことでしょう? わたしたちは種をまかなかったのに、実りを期待しているのです。

神様はわたしたちに生み、増えるように命じられました。神様のこのお言葉は無条件の掟であり、また撤回されたという話も耳にしていません。召命問題に関して、わたしたちは神様に心を向けて祈るだけでなく、神様が望まれるように体も使わなければなりません。人工避妊は利己的行為です。わたしたちはこの罪を悔やんで、司祭たちに罪を告白して、赦しを受けましょう。どうぞお願いですから、司教様、神父様方は勇気をもって人工避妊が神に反する罪であるだけでなく、結婚、家庭、教会を破壊するものであることを説教なさってください。ウィークランド大司教様、召命不足を心配なさるだけでなく、ご自分の司祭たちにもっと勇気を出し、選り好みをしないで福音全体を説教するよう指導なさってくださいませ。

かしこ

クリスティーナ・ヴァンダーブレーメン


筆者住所: Christine M. VanderBloemen

3455 Pilgrim Road, Brookfield, WI 53005, U.S.A.

Tel 1-414-781-0382  Fax 1-414-781-1294

鹿児島教区長パウロ糸永真一司教様を始め、日本各教区司教様に宛てに、架空の人物ではありますが、名前等を書き換えて掲載してあります。クリックしてください。 このファイルに気づいた方がそれぞれの教区長様にプリントアウトしたその書簡を送って下されば、日本の教会は変わるかも知れません。