×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

広島教区本部事務局からのお知らせ

教区の皆様へ

「マリアン・オーソドックス・カトリック・チャーチ・オブ・広島・ジャパン」について

最近、広島司教区内の各所(特に広島市内)に標記団体の方が、「第4回MCHJクリスマスの集い99」のチラシを路上で配り、参加を呼びかけています。名称の中に「カトリック」が含まれていますが、カトリック教会とも広島教区とも無関係の団体です。

広島教区教区長三末篤實司教は、1993年9月20日付け広島教区信徒一同宛てに「萩原妙美さんとその共同体の信心について」の通達をしています。この時点でミミ萩原こと萩原妙美さんとその共同体は、「シャーベル共同体」と名乗っていました。その後、この共同体は以下のように名前を使用していますが、同一のものです。

「MJFコミュニティー」

「MJFコミュニティー・ビザンチン・カトリック・フランシスコ会」

「MCHJマリアン・チャーチ・オブ・広島・ジャパン」

「MCHJマリアン・オーソドックス・カトリック・チャーチ・オブ・広島・ジャパン」

「萩原妙美さんとその共同体の信心について」の通達をもう一度確認しておきます。

1 萩原妙美さんが聖母から受けたというメッセージは、カトリック教会として、真実なものとは認められない。

2 萩原妙美さんを中心とした共同体の活動や言動や礼拝は、カトリック教会の活動や言動や礼拝ではない。

3 この共同体が今後、巡礼地、礼拝所、聖地などを造ったとしても、それらはカトリック教会とは無関係のものである。

4 それらの場所では、如何なる者であっても、聖なる典礼を執り行ってはならない。また、カトリック教会のメンバーとして、それに参加してはならない。

追記:「グランラセーレ広島 本格的カテドラル聖マリア大聖堂クリスマスミサ」は、カトリック教会とも広島教区とも無関係です。

信徒ならびに関係の方に、至急お知らせください。

1999年12月6日

広島教区事務局長 原田豊己