×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   翻訳者募集・原文を見るにはクリック! 易しいよ。ホント! 追記・翻訳ありがとうございました。N.B.さん。今後もよろしくね。   このファイルには注目! 今後も頻繁に追加があります。N.B.さん以外の翻訳者も頑張ってね。

冗談

ここにあなたの翻訳が掲載されます。

金髪の若い女の子がボーイフレンドに電話した。「ちょっとうちまで来て、手伝ってよ。えらく難しいジグソーパズルがあって、手こずってんの。どこから始めていいかさえも見当がつかないわ。」

ボーイフレンドが聞いてみた。「で、それが完成したら何の絵になるの?」

金髪の彼女が言った。「箱には虎の絵が描いてあるわ。」

ボーイフレンドは彼女の家に行って、パズルの手伝いをすることにした。彼は部屋に案内されて、テーブル一杯広げたパズルを見せられた。しばらくそれを眺めていた彼は、箱を見て、彼女に言った。

「こりゃ無理だ。できる訳ないよ。どんなにしても虎の形なんかになりっこない。」

「まず一休みしようぜ。コーヒーでも飲まないか? それが済んだら、この砂糖まぶしのコーンフレークを箱に戻そうぜ。」

一人の男が病院に来たので、受付嬢がどこが悪いのか聞いた(what he had)。彼曰く「シングルズ。」

で、彼女は住所、姓名、保険証番号などを聞き、しばらく待つように言った。しばらくすると看護婦が来てどこが悪いのか聞いた(what he had)。

彼曰く「シングルズ。」それで、彼女は彼の身長、体重を測定し、病歴等を聞いてから、もうしばらく待合室で待つように言った。

10分経つと、また一人の看護婦が来て、どこが悪いのか聞いた(what he had)。彼曰く「シングルズ。」

そこで、彼女は彼の血液検査をしてから、血圧を測った。心電図も取った。上着を脱いで上半身裸になって医師を待つにように言った。

15分経ってから医師が来て、どこが悪いのか聞いた(what he had)。彼曰く「シングルズ。」

医師は聞いた。「で、それはどこに置いてあるのかね?」

彼曰く「外のトラックの中です。どこに下ろしましょうか?」

蛇足の成相・シングルズは屋根板のことです。" shingle" の複数形。

ある日のこと、6歳になる小さな女の子が先生から進化論について授業を受けることになった。

先生は彼女のクラスメートの男の子に聞いた。「トミー、窓の外に木が見える?」

トミー 「ハイ、見えます。」

先生 「草も見えるわよね?」

トミー 「はい。」

先生 「それでは外に出て、空が見えるかどうか調べていらっしゃい。」

トミー 「はい。」(しばらくして帰ってくる。)「空が見えたよ、先生。」

先生 「神様が見えた?」

トミー 「いいえ。」

先生 「それを分かって欲しかったの。神様はいないから見えないのよ。」

小さな女の子が手を挙げて、トミーに質問していいか聞いた。先生が許可すると、女の子はトミーに聞いた。

小さな女の子 「トミー、外の木が見える?」

トミー 「もちろん。」

小さな女の子 「草も見える?」

トミー 「当たり前だろ?」

小さな女の子 「じゃー、先生が見える?」

トミー 「ん、もうーっ!見えるよ。」

小さな女の子 「トミー、先生の脳みそも見える?」

トミー 「見える訳ないだろう?」

小さな女の子 「見えないものはないって習ったんだから、先生の脳みそもないのよね?」

若いブルネット(黒髪)の女性が病院に行き、全身の痛みを医師に訴えた。どこを触っても痛みを感じるというのだ。

「そんなわけはありません。やってご覧なさい」と医師は言った。

で、彼女は指で肘を触り、悲鳴を上げた。膝を押さえて、悲鳴を上げ、かかとに触っても同じだった。可哀想に、彼女はどこを触っても痛いのだ。

医師は「あなたは本当はブルネットではないでしょう?」と聞いてみた。

彼女は白状した。「わたし本当はブロンド(金髪)なの。」

医師曰く「そうではないかと思っていましたよ。あなたは指先に怪我しているんです。」

(蛇足の成相・ブロンドは頭が弱い?)

ジンマーマン(Zimmerman)という若者が志願兵になった。祖国のために自分も戦おうというのだ。入隊して、さあ、軍服をもらう段階になりアルファベット順に並んだ。つまり、列の一番最後に並んだということ。

ところが、彼の前に並んでいた若者が最後に残っていた軍服をもらってしまった。上官は彼に「兵隊」と大きな赤い字で書かれたバッジを支給した。

「軍服なんておまえには似合わない。これで良かろう。さあ、今度は鉄砲をもらってこい。」

ジンマーマンは列の最後についた。彼の番になるとまたもや鉄砲が足らなくなった。

主計官曰く「どうせおまえに人殺しは向いてない。おまえには棒切れをやるから、これを鉄砲と思って『ズドン、ズドン』と言うんだ。分かったな?」

ジンマーマンは「了解しました。上官殿」と言い、今度は銃剣をもらう列に加わった。もちろん列の最後に並んだわけだ。つまり、また落胆することになったということ。彼のために銃剣はもう残っていなかったのだ。主計官は代わりに棒つきキャンディーを渡しながら言ったものだ。「これを使うときには『刺すぞ、刺すぞ』と言うんだ。分かったな。」すべてがこの調子だった。

さて、何週間か経過して、訓練を終えたジンマーマンは最前線に送られた。彼はそこで敵兵に向かった「ズドン、ズドン」とあらん限りの声を張り上げて、戦った。戦闘も第二日に入り、ドイツ軍の大部隊は前進を始め、ジンマーマンの戦友は一人残らず戦死してしまった。ジンマーマンだけが一人ドイツ軍と戦う羽目になった。

「ズドン、ズドン」と彼が叫ぶと、驚いたことに、ドイツ兵達は面白いように倒れていった。でも、何しろ相手は大軍。敵はジンマーマン二等兵が死守する塹壕に飛び込んで来始めた。今度は棒つきキャンディーの出番だ。ジンマーマンは無我夢中で「刺すぞ、刺すぞ」と叫びながら、棒つきキャンディーで敵兵をなぎ倒し始めた。これもまるで魔法のように効果的だった。

敵はばたばた倒れ、彼の足下には死体が山のように重なることになった。生き残りのドイツ兵たちは命からがら退却し始めた。ところが、一人だけ彼に向かって、ゆっくり中間地帯を前進してくるドイツ兵がいるではないか! ジンマーマンは冷静にねらいを定めて、「ズドン、ズドン」と言った。これでヤッコさんも倒れるはずだ。

ところが、彼は倒れない。「ズドン、ズドン」「ズドン、ズドン」「ズドン、ズドン」「ズドン、ズドン」とジンマーマンは夢中で撃ちまくった。

それでも、彼は前進して来るではないか! どうなっているのだろう?

彼が塹壕に飛び込む前に、勇敢なジンマーマンは敵に向かって飛び出して、棒つきキャンディーを振り回しながら突進した。「刺すぞ、刺すぞ」「刺すぞ、刺すぞ」「刺すぞ、刺すぞ」「刺すぞ、刺すぞ」だけでなく、「切るぞ、切るぞ」「切るぞ、切るぞ」「切るぞ、切るぞ」とも言ってみた。でも駄目。

敵は一向に死んでくれない。そして、ジンマーマンを睨みつけ続けるのだった。もう、イヤになったジンマーマンは言った。「ちょっと待ってくれ。俺が『ズドン』と言うたびにおまえの仲間は死んだのだぞ。なぜおまえは死んでくれないのだ? 俺が棒つきキャンディーを振り回すと、おまえの仲間はバタバタ倒れたのに、それもおまえには通じない。おまえが死なないのはなぜだ?」

「僕は戦車なんだ」とヘア・ツァンカー(Herr Zanker)が言った。

..

    Date: Fri, 20 Apr 2001 02: 05: 13 -0000
    From: plaws@execpc.com
Subject: Blonde joke

A blonde calls her boyfriend and says, " Please come over here and help me.I have this killer jigsaw puzzle, and I can't figure out how to get it started."

Her boyfriend asks, "What is it supposed to be when it's finished?"

The blonde says, " According to the picture on the box, it's a tiger."

Her boyfriend decides to go over and help with the puzzle. She lets him in and shows him to where she has the puzzle spread all over the table.  He studies the pieces for a moment, then looks at the box, then turns to her.

He says, " First of all, no matter what we do, we're not going to be able to assemble these pieces into anything resembling a tiger."

" Second, I'd advise you to relax.  Let's have a cup of coffee, then...we'll put all these Frosted Flakes back in the box.

Date: Thu, 19 Apr 2001 09: 45: 53 -0400 
    From: Patrick Cleaver < ptc@iglou.com>
Subject: joke

A fellow walks into the doctor's office and the receptionist asks him what he had. He said, 'Shingles.'

So she took down his name, address, and medical insurance number and told him to have a seat. A few minutes later a nurse's aid came out and asked him what he had.

He said, 'Shingles.' So she took down his height, weight and complete medical history and told him to wait in the examining room.

Ten minutes later a nurse came in and asked him what he had. He said, 'Shingles.'

So she gave him a blood test, a blood pressure test, and an electrocardiogram and told him to remove his clothes and wait for the doctor.

Fifteen minutes later the doctor came in and asked him what he had.

He said, 'Shingles."

The doctor asked, 'Where?'

He said, 'Outside in the truck. Where do you want them?'


    Date: Wed, 11 Apr 2001 20: 35: 01 -0500
    From: Jason Michelizzi < mich0212@d.umn.edu>
Subject: evolution

One day a 6 year old girl was sitting in a classroom. The teacher was going to explain evolution to the children.

The teacher asked a little boy:

Tommy do you see the tree outside?

TOMMY: Yes.

TEACHER: Tommy, do you see the grass outside?

TOMMY: Yes.

TEACHER: Go outside and look up and see if you can see the sky.

TOMMY: Okay. (He returned a few minutes later) Yes, I saw the sky.

TEACHER: Did you see God?

TOMMY: No.

TEACHER: That's my point. We can't see God because he isn't there. He doesn't exist.

A little girl spoke up and wanted to ask the boy some questions. The teacher agreed and the little girl asked the boy:

Tommy, do you see the tree outside?

TOMMY: Yes.

LITTLE GIRL: Tommy do you see the grass outside?

TOMMY: Yessssss (getting tired of the questions by this time).

LITTLE GIRL: Did you see the sky?

TOMMY: Yessssss

LITTLE GIRL: Tommy, do you see the teacher?

TOMMY: Yes

LITTLE GIRL: Do you see her brain?

TOMMY: No

LITTLE GIRL: Then according to what we were taught today in school, she must not have one!

Message: 2
    Date: Fri, 13 Apr 2001 08: 55: 07 -0400
    From: Patrick Cleaver < ptc@iglou.com>
Subject: Joke, of course

A young brunette goes into the doctor's office and says that her body hurts wherever she touches it.

"Impossible," says the doctor. "Show me."

She takes her finger and pushes her elbow and screams in agony. She pushes her knee and screams, pushes her ankle and screams and so it goes on.

The doctor says, "You're not really a brunette are you?

She says, "No, I'm really a blonde".

" I thought so," he says. " Your finger is broken."

Message: 3
    Date: Fri, 13 Apr 2001 19: 27: 46 -0400
    From: "John and Diana Newman" < newmanjd@prodigy.net>
Subject: A MAD STICKY WAR

  After volunteering to fight for his country Zimmerman joined his unit and lined up for his uniform. As equipment was issued in strict alphabetical   order Zimmerman found himself at the back of the queue.

By the time he reached the desk all the uniforms had been issued.  There were none left.  Zimmerman was issued with a badge that said " soldier" in red letters.

" You didn't want a scratchy old uniform anyway," the quartermaster said. " Join the line for your rifle."

Zimmerman joined the back of the rifle queue.  When he reached the front Zimmerman found that all the rifles had been distributed and then, once again, there were none left.

" You don't want to kill people anyway," said the quartermaster.  " I'll issue you with a stick and you can shout Bang Bang!"

" Thank you," said Zimmerman, and joined the queue for bayonets. Once again, on reaching the desk Zimmerman was disappointed.  The quartermaster issued him with a lollipop stick with the advice that he should shout " Sticky-sticky" when using it...  And so on.

Within weeks Zimmerman found himself on the front lines shouting " Bang-bang" for all he was worth.  On his second day the German enemy began a mass advance. One by one Zimmerman's unit were killed or wounded until only Zimmerman himself remained standing.

" Bang-bang!" he shouted, and was amazed to see his German foes still falling.  Soon they began to overwhelm his trench and Zimmerman began to stab wildly with his lollipop stick.  " Sticky-sticky.  Sticky-sticky." Astoundingly it worked.

The enemy were dying at his feet.  The survivors began to retreat. All, that is, with the exception of one man who was only half way across no-man's land and was still advancing slowly.  Zimmerman took careful aim with his stick-rifle and calmly said; " Bang-Bang."

The enemy soldier continued his advance. " Bang-bang, bang-bang, bangedy-bang-bang-bang," Zimmerman yelled frantically.

Still he came.

Before he could reach the trench Zimmerman leapt up and ran at him with the lollipop stick.  " Sticky-sticky, he said.  And then added " Stab-stab-stab," for good measure.

The enemy soldier refused to die and stared at Zimmerman defiantly. By now Zimmerman had had enough.  " Wait a minute, " he said.  " When I shouted   'Bang' your comrades died, but not you.  When I engaged them in hand-to-hand combat with my lollipop stick they fell over dead, but not you.  What gives?"

" I'm a tank, " said Herr Zanker.

To subscribe to CTNNeri, send a blank e-mail to:
CTNNeri-subscribe@egroups.com .
To unsubscribe, send a blank e-mail to:
CTNNeri-unsubscribe@egroups.com (Or use the webpage: http: //www.egroups.com/group/CTNNeri)
Listmembers must register at the above page in order to read the list archives.
This is a private list for subscribers only. Opinions expressed on CTNNeri are not necessarily the opinions of the moderators or list owner.
CTNLatin http: //www.egroups.com/group/ctnlatin
CTNMusic http: //www.egroups.com/group/ctnmusic
CTNNeri - Humor http: //www.egroups.com/group/ctnneri
Una Voce http: //www.unavoce.org