×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

社会問題を福音の光で読み解く

福音と社会

編集 カトリック社会問題研究所
発行 株式会社 フリープレス

【巻頭カラー特集】旧共産圏との和解を求めて
教皇の巡礼 — その意義と成果 — 教皇のウクライナ訪問の意義と成果を論考する
【年間特集】 なぜ人を殺してはいけないの? に応えて

その他

上記の出版社からファックスが送られてきました。購読してください…とのこと。優れた雑誌であれば他人のファックス用紙を使って自分の会社の宣伝をするのも悪くはないかもしれない。でも、「福音と社会」はとんでもない雑誌ではないですか?上に挙げた目次の一部は少なくとも無害です。でも、その下を見るととんでもない著者の名前が見えます。上智大学教授ホアン・マシア — いのちを「賜物」と知るために、がその記事。記事の内容も見ないで批判をしていますが、この著者が以前に書いたものを見る限り、ホアン・マシア神父は反乱神学者。ここに書いてあることがたとえ無害なこと、良いことであっても、このような筆者を起用してはいけません。まずは信用させておいて、後であなたを自分の主張に惹きつけようとするからです。詳しくはhttp: //hvri.catholic.ac/masia.htmを見て下さい。