×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シャブート大司教

カトリック教会を中傷する偽の統計を断罪

2月16日、デンヴァー発・デンヴァー教区長チャールス・シャブート大司教はデンヴァー・カトリック・レジスター最新号に掲載された記事で、数日前カンザス・シティー・スター紙上でカトリック司祭にエイズ患者が多いとする統計と記事が偽りで、誤解を与えるものとして厳しく非難した。無記名の聞き取り調査によるこの統計について、大司教は「複数の統計専門家がこの調査を無価値であるとし、そこから得られる統計は偏見に満ち、概して無意味であるとしている」と書いている。

大司教はその記事を批判的に読むことを読者に求め、「その新聞がその統計の正確さについてどの程度関心があったか人々は疑問を持つはずである。もっと突っ込んで考えると、あの記事は同性愛行為に関するカトリック教会の教えに反対する巧妙なやり方であり、また司祭の独身制度を誹謗するものである」ことを強調した。

大司教は、その記事に見られるいくつかの矛盾点と「その底に潜む動機」を指摘し、教区民であるカトリック信者に「セックス中毒の文化の中にあって」しばしば誤解される「司祭たちの独身制度が実はすばらしい賜物であること」について神に感謝するよう求めた。大司教は「人間の性に関するカトリック教会の態度が美しく、健康で、生命を生み出すものであることを人々が理解する日が来るよう」祈るよう求めた。

DENVER: ARCHBISHOP DENOUNCES

FALSE STATISTICS USED AGAINST CATHOLIC CHURCH

Denver, 16 (NE) In an article published in the Denver Catholic Register's last issue, Archbishop Charles Chaput of Denver denounced as false and misleading several statistics and statements published a few days ago by the " Kansas City Star" regarding a supposed study on priests and AIDS. " Professional researchers have since dismissed the survey, and the statistical comparisons drawn from it, as biased and generally useless" , wrote the Archbishop about the study, done by means of an anonymous survey.

Calling to a critical reading of the story, he stressed that " one has to wonder if the paper really cared about the accuracy of its statistics" , since " more specifically, it was a creative way to campaign against Catholic teachings on homosexual behavior, and also priestly celibacy" . Given several examples of the inconsistency of the story and of its " underlying motivation" , Archbishop Chaput invited people to consider the " wonderful gift of celibacy" , which in " a culture so addicted to sexual activity" is so many times misunderstood. Let's pray, the Prelate concluded " for a day when the Catholic attitude toward human sexuality is properly understood as beautiful, healthy and life-giving."